未分類

血液製剤に未承認物質

過去のデーターを整理していて、ベータープロピオラクトンの記載があり、

知らない人もおられるだろうと、載せてみました。

私達、被害者の身体にフィブリノゲンと共に、入ってる物質です。


β-プロピオラクトン:   C3H4O2

予想される症状:

発ガン性、催腫瘍性、催奇形性、生殖障害、中枢神経系・血液系障害、肺催腫瘍、肺腺腫、

肺浮腫、肺炎、気管支炎、肝がん、骨髄性白血病、心臓・腹腔・皮下組織・肝臓の血管肉腫、心臟・肝臟・腎臟・脾臟組織の毒変性、皮膚の刺激・紅斑・水腫・肥厚、眼の粘膜障害、嘔吐、下痢、催眠、頭痛、ぜんそく、視力のかすみ、眠気、・・・

旧ミドリ十字 血液製剤に未承認物質

           64―85年 発がん危険、使用中止

血液製剤「フィブリノゲン」による薬害肝炎問題で、旧ミドリ十字は、旧厚生省の

承認を受けずに、抗ウイルス物質を使用し続けていたことが、

厚生労働省の10日までの調査でわかった。

同社は、この物質の使用について、「組織的な隠ぺい」とも受け取れる工作を行っていた。

 同社は、1964年から製造が始まった非加熱製剤の肝炎ウイルス不活化対策として、

紫外線照射と、抗ウイルス化学物質「β(ベータ)プロピオラクトン」

(BPL)の添加を行っていた。

しかし、BPLについては、旧厚生省の承認を受けずに添加していた。

 厚労省の調査によると、同社は当初、製品の添付文書にBPL処理のことを

記載していたが、70年代に入って削除。82年になって、輸出用製品の

添付文書にBPLのことが記載されていることが発覚すると、

同社の社員が幹部に対し、BPL記載部分の削除を要請していた。

社内文書には、削除の理由について「国内向け添付文書にはBPLの記載を省いている」

「BPL処理の記述があると、新たな問題提起が出てくる」などと、

組織的な隠ぺいをうかがわせる記述が残っていた。

 一方、旧厚生省は85年10月、同製剤を、安全性や有効性を見直す

「再評価」の医薬品に指定していた。しかし、

直前の同年9月に同社で行われた社内打ち合わせの議事録によると、

同社は「(旧厚生省に提出する資料には)UV(紫外線)照射については触れない」

ことにした。理由は、「紫外線照射単独による不活化効果(を示す)

文献が見当たらない」ためだった。

 これについて厚労省は、「旧厚生省から紫外線照射の効果について指摘されると、

BPLを併用していることも説明せざるをえなくなるからだろう」

と推測している。その後、BPLには発がんの危険があるとして、

供給メーカーが販売をやめたため、旧ミドリ十字は85年11月、同物質の使用を中止した。

2002811日 読売新聞   

無知が罪な場合もある

昨日はHPVの4回目の口頭弁論がありました。
法廷に入れましたが、被告側前方に12席籤引き無しで
被告側関係先の椅子の確保があるって、嫌らしいなあ、
司法は平等じゃないんだ。
並んでなくて、直前に入ってきた人たち。
被告側の国、製薬企業の擁護に立った人達は、
責任を持つべきだ。金や仕事だとかの言い訳は無しだ!
自分たちが、無知か、それとも判っていてなら、それは悪だ!
報酬は仕事の結果で、何の躊躇も考えない
真実を求めない悪徳は、すでに正体を剥き出しにしている。
彼らを許さない。
被告側の東大話法のもっともらしい弁論を聞いていて吐き気がしてきた。
この人達、何の為に勉強してきたんだよ!


HPVワクチン薬害訴訟

九州訴訟第4回口頭弁論期日のご案内

日時:平成29年6月14日(水)午後2時30分~(午後4時00分頃終了予定)

 

■場所:福岡地方裁判所301号法廷(大法廷)

 

■サポーター・傍聴希望者集合

 

○時刻:午後1時00分

 

○場所:福岡地方裁判所正門前


13:00 門前で応援リレートーク 場所

 福岡地方裁判所門前 13:25頃 原告・弁護団入廷行動

 13:25頃〜13:40 傍聴抽選券交付・抽選 場所 福岡地方裁判所本館2階

 ★抽選場所は変わることがあります。 

 ★抽選に外れた方はトウセン天神ビル9階へ 弁護団が裁判の様子をわかりやすく説明します 14:30 第4回期日開廷(16時頃終了予定) 場所 本館3階301号法廷 

16:00頃 報告集会 場所 ヨカラボ天神 大会議室 福岡市中央区大名 2-9-35 


みなさんの応援をお願いします

薬害C型肝炎問題は、終わっていません!

薬害C型肝炎問題は、終わっていません!

薬害C型肝炎救済法成立から約10年~

 

2018年 115

救済法に基づく給付金の請求期限が迫っています!

 

しかし,国の調査が進んでいないため,フィブリノゲン製剤等の投与よるC型肝炎感染であることを

知らない被害者が数多く存在しています。

また,今から感染が判明したとしても提訴期限に間に合わず,救済を受けられない可能性もあるのです。

 

被害者救済のためには, 救済法改正(請求期限延長)が必要です。

どうか,今国会での救済法改正にご協力ください!

連絡先

東京都葛飾区西新小岩1-7-9西新小岩ハイツ506

TEL:03-5698-8592 FAX:03-5698-7512

薬害肝炎東京弁護団 事務局長 弁護士 福地直樹


5月30日に国会ローラーがあります。

今日 チラシのたたき台が来ました。

火曜日に通院している病院の医師(久留米大学病院から)が C 型肝炎患者は まだ、全国の患者の半分が

自身の感染を認知していない  癌になって 初めて肝炎の危険性を知る

と 話をしていました。

一番 最前線で闘っている肝臓専門医の危機感を国は、何と思ってるのでしょうか?

それとも、製薬企業べったりで、利潤追求に加担し、気楽に他人事として、

のほほんとしてるのでしょう。

先日 薬害の資料について、ある役人は、弁護士が持ってる資料は、弁護士代が伴って

作ってるのだから、国がわざわざ費用を出して管理してやる必要は無いと 言ってのけた。

それを言ったら、薬害の資料すべてを否定するものではないかと、私は考える。

薬害スモン、サリドマイド HIV 一般個人の力で すべての資料が作れるものではない



厚労省との作業部会2017年4月25日

午後2時から3時間も掛けて副対室の方々と話し合いが行われましたが、
これといった進展はありません。
第三者監視組織設立に関しては、
副対室の岡部室長は、すごく丁寧に公務員の規定について時間をかけて延々と
説明をされましたが、委員の任命にあたっての話を、そこまでされても時間つぶしとも取れない。
何かと言えば、すぐに25年の時は、そちらが外に作ると言い張ったから、
そちらが悪いんだから知らないよ って感じで、話を遮る。
厚労省の言い分は みんな同じ返答の仕方だから、
そう、異口同音
断りの言い訳が一緒だから、
原告が突っ込んだ質問をして、厚労省側は受け答えは紳士的ですが、
果たして信用できるか?どうか? 今までの過去を振り返っても良い結果はありませんでした。

薬害資料館設立も、資料の所在や量について、私にも問い合わせが来ていましたが、
何せ、自分の身体の事で目一杯だったこともあり、3月末にメールしていましたが、
担当者が移動になった事もあり、現在フリーズしています。
会議では 一言目には、資料の状況について、調べたいの一辺倒で、まったく、進捗が無く
私も、つい切れて、私が死んだら、肝臓や膵臓などの臓器を提供しますので、
肝炎ウィルスとの関連など調べるなりして、標本として展示してください と
言ってしまいました。




418リストの18番目

以前、厚労省の方に問い合わせしたら リストの18番は、私の住まいの県ではないと言われた
私が、出産した年月日で 他に確当される人が、いる訳無いんで、何回も言ったけど 無視された

資料によると 18番は、2003年の時の報告
20年経っての報告は、その時期、裁判を視野に入れて動いている原告被害者に他ならない。

私も医師に連絡とっていた時 製薬企業からアンケート来ているので、教えてと言われた

使用時期、発症時期も、私が、答えた内容と一致する。 だけど、地域が違うと厚労省は言う。
18番は、訴訟した原告 のはず なのに 未だ、未確認 厚労省は418リストを調べることは 永遠にないだろう。

嘘を嘘で塗り固め どうにもならないとこまで、いくのか。


27日 重複した行事

世界•日本肝炎デーフォーラム シンポジウム
中央大学駿河台記念館 午後1時~4時半


「医薬品の安全監視を考える~『子宮頸がんワクチン』被害からの問題提起」
東京大学鉄門講堂 午後1時30分~5時


幸いな事に距離が短い 
 先に駿河台に行く 挨拶、話など聞きながら 写真を撮って
やっぱり、東大へ急いで行った。

88才の英国人 アンドリュー・ヘルクスハイマー医師の気骨のある話が直接聞けた。
同時通訳の機器もあったが、なにより強い信念を感じた。

西岡久寿樹教授の話も とても身に入った。  
良かった来て。
また、 パネルディスカッション時の 会場からの列を並ぶほどの 
多くの聴衆からの質疑や話は、驚くべき展開だった。
今まで これほど場内が一体化した講演 あったかなあ?

マイクを握った方々の中には、医師や医療従事者がおられ、
その中でも、  「医療の監視をしてほしい」
と言われた言葉に同調する。
「薬剤の件で、国 厚労省に 苦言 質問しても スルーする。
製薬企業は、良い事しか言わず、 マイナスになる情報は隠蔽され、真実は闇に葬る。」
さて、現在の健康保険法は 明治時代に作られたものだそうである。
何の進展も模索も知恵も無く、この国の医療制度はどこに向いているのだろう。
医療従事者の切実な訴えがそこにあった。

宮城の佐藤先生の話。
子宮頸がんワクチンのアジュバンド そのものが 害がある。
サーバリックスには、他のワクチン類の 5倍以上のアルミニウムが入ってる。
そして、HPVの重篤な副作用に、今の医学では診断すら出来ない。  
まさに ロシアンルーレット
紐付きの厚労省の委員や官僚は、心の病だと 仰る。
もはや、天を仰ぐしかない。





 

第15回 薬害根絶フォーラム(2013年10月26日)

第15回 薬害根絶フォーラム(2013年10月26日)

第15回 薬害根絶フォーラム(2013年10月26日)

日時:2013年10月26日(土)
場所:慶応大学薬学部(芝共立キャンパス1号館地下マルチメディア講堂)


「薬」が人を不幸にする理由(ワケ)がそこにあります」
徹底討論「薬害と経済」~薬をめぐる、経済優先が招くもの~


今回のフォーラムの第一部 薬害被害の実態報告 
8団体の中の薬害肝炎被害者として発言します。

今日は 朝から熱が出て きつかったので病院に行き休んでいました。
まだまだ したいこと一杯あります。 少しづつ休みながら 前向きに 生きていこうと思います。

良いこともあるから

うちの主人は 昨日から友人達と長野県へドライブ旅行しています。
明日は 伊勢神宮へ行くそうです。 電話で楽しそうに話していました。
でも この頃は 毎月1回は、 1泊泊まりで出かけています。
結構楽しそうで、
友人達は 皆 定年退職したみたい・・