2006年08月

眠れません 今日は判決日

昨夜の1000人集会は 大成功でした。
原告皆一人ひとりが、それぞれ自分の持てる力の範囲で
一生懸命話しました。
報道等、マスコミ関係の方の力もあったが、本当に
いっぱい人が集まってくれて、良かった!
ありがたいです。
気持ちが優しくなれます。

みんな ありがとう!

いよいよ あと数時間で、判決です。
福岡地裁の正義を信じます。

原弁会議

昨日、博多駅 交通センターで全国原弁会議が 午後1時から5時までありました。
29日の1000人集会 30日の福岡判決 9月の日程等についての話があり、その後、実名原告へのマスコミの取材があり、私の息子についても時事ニュースの方の取材がありました。
今回の九州訴訟第一陣の判決が母子感染で初の判決になるからです。

私は4人の子どもを産みました。
3人目の出産後、止血剤「フィブリノゲン」を投与されました。そして、それから2年後に産んだ4男が母子感染でC型肝炎に罹患しました。
上三人の子供達は、C型肝炎に感染していません。
私の両親も弟妹もC型肝炎には、関係していません。
親戚にも感染者はいないのです。
なぜ、私達母子だけ、感染したのでしょう?

判決まであと少し

昨日の薬害根絶デー 東京に行きたかったが、ちょうど
妹の退院や急用があって行けなかった。

妹が手術したばかりだと言うのに29日にある判決前
1000人集会に参加すると言ってくれた事が嬉しかった。
2週間置きに2度の手術を受けた体に無理をさせる事は出来ないので、気持ちだけをもらっておこうと・・・・

昨日も佐賀の友人から、肝臓癌で亡くなった人の話を聞く。
この訴訟を知りながら、原告に加わりたかったそうだけど、
カルテが無かったと言う。
出産時の止血剤感染から

これからも多くの人達が苦しんで死んでいくのかと思うと
訳のわからない悔しい気持ちになる。
どこにぶつけていいのか・・情けない。


台風の影響で ほんの少し暑さが落ち着いた、福岡の中心街
天神でビラ配りをしました。
友人と友人宅のゴールデンの応援もあり、小林君や他の原告さんも来てました。
古賀先生も あの透き通る大声で、薬害肝炎の事を熱心に話してくれました。

まだまだ、これからが、本番だ 頑張ろうという気持ち、・・・
自分だけではなく、たくさんの命を支える事になろうとは、
数年前まで、思いもつかなかった。

だんだんと、弁護士さん達の言ってる意味が、
近頃 解ってきた...
多くの報われない人たちの為にも・・・
勝たなければならない。


毎日 暑い日が続くときついです


地面の下から、煮えたぎってるような感覚ですよ 今年は!          暑い夏の終わりに、判決が下されるんだけど、                  期待したい「アストレイア」正義の女神よ!!


天秤の傾きは、もう大いに被告国、製薬企業側に非がある事を示しています。  あとは正義の剣を振り下ろして欲しいのです・


私の時代はテレビやマスメディア、教育の影響もあって、勧善懲悪が正しいとそういう風に教えられ、また、それが正義だと。私自身も思ってきました。


なのに、この薬害を起こし、知ってて、知らん振りしてきた国や製薬企業の関係者にいつ天罰がくだされるのでしょうか?