2008年09月

終りではない

今日は大阪に行く。
田辺三菱との大阪謝罪集会に参加する為、
しかし、私は、心から喜べない?私には、まだ、残ってる問題がある
原告は、国との和解が決着して、でも、
企業側は、地裁判決しか、認めていないし、
原告弁護団は争うより、今後を生きていく事に目標を定めてる。

なかんづくは、敵であった企業の方達へ、
なぜ、この血液製剤を 一企業が全責任を負ってまでも、
売らなければならなかったのか?
あなた達に悔しい思いをさせた元凶は?
尻拭いをさせたのは?

多くの命が消えたのに、
誰も何も言わない



厚労省で勉強会

劇的な、一律救済を、した福田総理が急遽辞任。

この事が、きっかけになり、肝炎撲滅に道を開いたと、歴史に残るように
超党派による 多くの罹患した患者への救済を切に願います。

今日は、霞ヶ関に来ています
厚労省での勉強会です
朝、病院に診察に行ってから、すぐ空港に向かい、先生方のお話を聞いていますが、
国民の安全対策も、専門委員が少数では、そして、新医薬品、最新医療機器も
すべて予算が無いと、・・・新型インフルエンザ対策も巨額の経費がかかる。
目が回るような話ばっかり、

とにかく、まだ、肝炎法案は、法律化されていないので、
私たちは、原告だけの問題では無く、多くの人達の命を繋ぐ為
積極的に動かなくっちゃと。
厚労省の皆さん 一緒に 手伝ってください。
医療関係の皆さん、議員の皆さん、もう少し 私達に力をください。

食料品やガソリン代が高くなっても、他国の様には、愚痴を言わず、
黙々と働き続ける自国民に、穏やかなる健康を 安心の医療体制を
笑顔で生きれる人生を お願いします。