2009年10月

肝炎患者支援法案 成立お願いします

明日 みんなと一緒に長妻厚労大臣とお会いします
弱者の立場に立った施策を お願いします

治療したくても、家族を養っている感染者、
毎日働かないと生活出来ない患者がいます。
癌で余命宣告されても、食べていく為に、仕事を休めない国民がいます。

みんなの命を助けてください

     肝炎患者支援法案

1.  B,C型肝炎感染は国の責任
2.  医療費助成と治療中の生活支援
3.  肝炎治療の体制整備


  山井先生  ありがとうございます
  えりこさん  頑張って  でも これ以上痩せないで! 

    国会議員の皆さん よろしくお願いします
   
 

緊急院内集会ーー命の時間よ 止まれ  

急な呼びかけに駆けつけてくださった国会議員の先生方 有難うございます

毎日 多くの人々が その寿命を全うせずにC型、B型の肝炎ウィルスからの病で、殪れていき、

理不尽な施策により、感染させられた 私達 薬害肝炎原告団は、悲惨な最期を迎えようとしている

仲間の為にも、自分達の未来の為にも、政治の力に縋るしかないのです。

肝炎患者基本法は、その立法に どれほどの人達が救われるか お分かりでしょう

350万人だけではありません

その家族 そして その後の新しく誕生されるであろう 生命

今一度、政治家のみなさん 

あと数日の 臨時国会の日程の中に ぜひ この法案を 

誰一人 反対される事も無く 

みなさんの 正義を 見たいのです

お願いします
as111.jpg



緊急院内集会に出席してくださった議員さん

 藤田一枝 (福岡) 平山誠(東京) 仁比聡平(福岡) 玉城デニー(沖縄) 福田えりこ(長崎)

副タイトルがやっと成立します。


このブログの副タイトルは2年前から、変わっていません
いつか、民主党が実現してくれると期待して変えませんでした。
先生方 ありがとうございます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

肝炎患者の負担軽減策固める

長妻厚生労働大臣は、肝炎患者の医療費の負担を軽減するため、

治療を受ける際の自己負担の上限を原則月1万円としたうえで、

所得の低い世帯については国が全額を助成する方針を固めました。

C型肝炎とB型肝炎の患者は全国でおよそ47万人に上っており、

政府は肝炎に有効とされる「インターフェロン」を使った治療を受ける際の自己負担の上限を、

所得に応じて月1万円から5万円とする救済策を実施しています。これについて、

長妻厚生労働大臣は14日の記者会見で「今の救済策では制度を利用している人が少なく、

来年度からさらなる負担軽減を行いたい」と述べました。

そして、新たな負担軽減策として、治療を受ける際の自己負担の上限を、

高額所得者を除いて原則月1万円としたうえで、所得の低い世帯については

国が全額を助成する方針を固めました。この新たな負担軽減策は、「インターフェロン」を使った治療だけでなく、

病状の進行を食い止める効果がある薬による治療も助成の対象にする方針で、

厚生労働省は必要な経費を、15日に再提出する来年度予算案の概算要求に盛り込むことにしています。

検証会議の行方


始まって1年半になる
薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方. 検討委員会
先日の会議で、
坂田さんが薬害肝炎で厚労省の当時の担当者に出席頂き、話を聞きたい と言ってるのに、寺野座長は、無理と言われた。

去年は予算獲得の為に、延々と概算要求の中間取りまとめの議論だけで、事件の検証については秋以降とまで言われたんでは、?

事件の解明、責任追及なんて まったく、やってません。

薬害肝炎を起した犯人は誰なんでしょうか?

あまりにも多くの人が亡くなってるんですけど・・・・・・・・・


水銀入りワクチンの危険性(新型インフル 米ピッツバーグ大)


インフルエンザワクチンに水銀?    知らなかった!

あれ! 自閉症って 水銀からなってしまうの?

知人の双子ちゃんは 二人とも自閉症児です。
****************************************
転記です
ワクチンのバイアルに保存料として混入されている水銀がアブナイ! と米ピッツバーグ大の発表です。 日本製新型インフルワクチンも、妊婦用”だけ”水銀抜きですとつい先日発表されたばかりですので、ヒトゴトではありません。

米ピッツバーグ大発表(Neurotoxicology)。
マカク(サルの一種。以下、サルと表記)を使った動物実験。
B型肝炎ワクチンに含まれる水銀ベースの保存料thimerosalをサルに投与したところ、食塩水を投与した対象群に比べて、脳幹部でコントロールされる反射の発達の遅延が観察された。遅延が確認されたのはRoot http://www.youtube.com/watch?v=NksbJQr5_xw Sucking http://www.youtube.com/watch?v=KIgzqRaYJsg&feature=related snout の各反射。これらの反射は生存に必須なもの。
米国では、1991年より、生後すぐのB型肝炎ワクチン接種が行われたが、これは、米国で自閉症の増加時期と一致する。
この水銀保存剤は2000年に(B型肝炎ワクチンには)使用中止となったが、使用されたものはリコールされず、その後2年間流通した。また、季節性インフルワクチンや新型インフルワクチンも含めた、他のワクチンのmulti-dose(ひとつのバイアルに複数人数分入った製品)には現在も混入されている。
今回、米国では、妊婦と6ヶ月児に対するインフルワクチン接種を勧告しているが、これにより、母乳経由も含め、水銀暴露が増えてしまう。
自閉症の両親たちは、4年前から、ワクチン接種有無と健康状態の比較、水銀保存剤の全ワクチンから使用中止のロビー活動をおこなってきたが、まだ実を結んでいない。

     ↓読売記事コピペ
新型インフル、妊婦向けに防腐剤なしワクチン
 厚生労働省は、新型インフルエンザに感染すると重症化するリスクが高い妊婦のために、胎児への影響が不明な有機水銀系の防腐剤が入っていないワクチンを供給することを決めた。

 国内の妊婦をほぼカバーできる約100万人分の製造を、国内のメーカーが進めている。11月中旬ごろから、普通のワクチンと選択できるようになる見込みだ。

 通常のインフルエンザワクチンは、10ミリ・リットルか1ミリ・リットルの小瓶に入っている。この小瓶から、13歳以上は1回0・5ミリ・リットル、6歳以上13歳未満は0・3ミリ・リットルなどと、年齢に応じて決められた使用量を注射器で吸い出して使う。そのため、雑菌が混入、繁殖しないよう、エチル水銀系の防腐剤などが使われている。

 新しい妊婦用ワクチンは小瓶を使わず、製造段階で使い捨て注射器に1回分(0・5ミリ・リットル)を封入することによって、雑菌の混入を防ぐ仕組み。

 エチル水銀は重大な健康被害はないとされているが、胎児への影響は不明。国内では従来、妊婦へのワクチン接種を極力避けてきた経緯がある。

(2009年9月20日03時05分 読売新聞)