2014年02月

主人に感謝


今日の会議は疲れたけど、私の気持ちは優しくなれた気がする。
腰が悪いので、主人が同行してくれた。
大雪で飛行機は何とか飛んだ。昨夜のうちにホテルに着いて風呂に入り、
朝食を済ませ、早めに会議の場所に行く。 
腰を気遣いながら恐る恐る歩く。
寒さの為か、左指から肩までしびれがよく来る。首が固くなる。でも、久しぶりに歩いた。
主人は、東京駅の周辺に待ってて、それから、空港へ行ったが、また、出発遅延の案内で
ほとんど行きも帰りも、空港ロビーの観光ばっかりだった。
金曜日に頂いた痛み止めが良く効く。
普段 家でゴロゴロしてるので、太って血圧が上がるばかり。

済生会病院の薬は あまり効かないというか ほとんど 痛み止めが効かない。4種類あるけど。
山本先生から 頂いた薬は 確かに効いた。
漢方薬って 徐々に効くものだと思っていたけど・・・ 違った。

あんぱん2個買ってもらって 私は飛行機の中で先に食べた。
美味しかった。
主人が食べていたのを まだ食べたいと 言ったら ちぎってくれた。
欲張りか・・我儘なのかもしれない。
でも充分 幸せです。


空の上で望むこと



地平線の彼方は、空の青と柔らかな薄鼠色の雲の間 萌木色のオレンジがかった一直線の間がある。
時間とともに、それも次第に薄鼠色の雲が包み込んでいく。
あたりはどんよりとしてくる。
下界は 黒と 灰色と 雪の白が点々としている。
もやもやとした煙のような雲が漂っている。幾重にも。

「 人は死んだら 異次元の空間に行く 」 
と 以前心の赴くままに書いたが その空間が 暗闇でなく・・
せめて こんなふうに 色彩が朧げであって欲しい。


これからの生き方

脊柱管狭窄症 との診断を受け、今後の仕事、生活をどうするか 痛みを今のうちは、薬でしのぐけど、
悪くなってきたら手術だそうで、厳しいなあ
何か 良い方法はないのかな。



DSC_0850.jpg