薬害 22年夏

ほんとに暑い日が続いています。
24日の根絶デーに参加しました。文科省で少しマイクを握らせてもらい、
今まで、溜まってた鬱憤をどうしようもない憤りを訴えて 
真剣に聞いて頂いたことで、ちょっとホッとしました。
医療人が ネット上で、薬害肝炎の本質も解らず、
ただ、興味本位に、意見を言わせてもらう等とか言って、
自身のプログにアップして、ブログ炎上した事など、医師のモラル以前に、
やはり、教育の問題かと、思い、皆さんにご検討頂きたいと思っています。

25日は 薬害イレッサの東京裁判に出席傍聴しました。
あまりにも、傍聴の人が多く、原告側の話が終わって、皆さん交代しなければならなかったほどです。

26日は、はあといん乃木坂 フルールで、肝炎対策推進協議会がありました。
いままで、厚労省のあの暑い一室で、蒸されて、頭がボーッとしてきた 
去年の検証会議に比べて、ここは本当にエアコンが効いてて、体調にも頭にも良かったです。

肝臓病患者会の阿部さんや、薬害肝炎大阪の武田さんは一生懸命、何回も突っ込んでいましたが、なかなか、良い回答は得られません。 
原告仲間は、皆、渡された資料を一瞥するなり、『 なんも、今の患者に対する支援も方針も無いやん !! 』

上の方で、どういう方々が、作られていかれるのでしょうか??
生きるか死ぬかの際に居られる方は、此処には来られないのです。

私も、先日のエコーで影があると言われた時は、ショックでした。 
失明するかもしれんから、しっかり薬を飲んで通院するようにと脅され、泣きたくなります。


横にいた友人のココちゃんは、23日から上京してて、体調不良になり、眼を瞑っていましたが。 
そして、翌日 病院に行ったら 大腸炎起こしていたそうで、どこかで寝てたら良かったのに・・・

碑の前 花井氏 長妻大臣
a22080444.jpg