第8回薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会

この所、風邪から咳が止まらず困ってます。
去年も、咳き込んで その後、肺炎を起こし、治るまで時間が掛かった。糖尿病が関与してるからだと思う。
元気になりたい

1日は、薬害教育検討会(略称)で薬害研究資料館設立の検討会があった。

委員の方々の積極的な発言が多く、製薬会社の新人研修に使用するなど活発な意見がでました。
しかし、厚生労働省側が消極的で、ウェブ上に出来ないかなど安上がりな予算で、収めようとする
意図が満々で、理念や必要性があまり議論されて無いなどと、言われ、
私や他の委員が発言した事を、聞いていないんでしょうか? 
ちょっとオカシイ

特に 望月委員がイレッサ問題を取り上げてイレッサの資料公開(「鳴り物入りの報道」と)が
役に立つと言っていました。
望月委員の明瞭な言葉、平山審議官の前での発言  
ちょっと見直しました。 この委員会 とっても素晴らしい人達が多いんです。

薬害研究資料館の場所も、見学者が便利な都心で、準備段階としてPMDAの中に設置したら、等 意見も出て

厚労省事務局側は、始終暗い感じ、次回会議予定も未定だと言っていたけど、
思惑と違い、委員たちで議論が進んで 別世界の様です。

終わった後、事務局側に無造作に話を投げかけても、一緒に箱物(薬害研究資料館)を作っていこうという
意識がまったく無かったのは、悲しかったですね。

未来永劫、薬害を無くす為に、私達の子どもや孫が薬害で苦しまないように、
色んなご意見がありましたら 私宛にメールを下さい。
coco20090720@mail.goo.ne.jp

今日の書き込み中には、いつも 傍聴に来て頂いている女性の方のご意見を、
私も、もっともだと思い、入れさせて頂きました。
鋭い指摘、とっても参考になります。