スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードな日々


風邪がぶり返して、咳が止まらず 病院に駆け込む。
ちょうど、脊柱管狭窄症の痛み止めを一緒に頂こうとしたら、
漢方薬を3種類、一緒に出せない と言われた。
 今の厚労行政では、【暗黙の了解】という原則があって
、同時に漢方薬は3つの種類を 処方しづらい かといって、
効果がそれより一ランク落ちる薬を頂いても、納得できない。
また、一方、他の病院の薬局で ある時、ジェネリックを勧められたことがある。
 ジェネリックと今の新薬との効き目や中身が同じだと 言われてきたけど、本当に同じなのだろうか?
薬の添加物や、効果に差があって、ジェネリックが安い理由が 
あるのを何故、はっきり言わないの? 
 厚労行政は 赤字だ赤字だと 言ってるけど、本当の金額を調べてほしい。
一番大事なのは、お金か? 人命か?  
嘘や誤魔化しに、それを信じこまされて、踊らされないように 
政府はビシッとしてほしい。 国民の命を守るのが日本国の公僕になった使命です。

3月12日
肝癌、肝硬変患者への医療費支援の為、議員会館を回り、陳情する。

オールジャパン肝炎サポート大集会に参加


3月13日
PMDA{独立行政法人医薬品医療機器総合機構} との中期計画に関する会合 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。