7月15日の大臣協議

2008年の最終提言から、もう8年、あと少しで10年になるけど、
第三者監視組織も、薬害研究資料館創設もすべて、白紙状態。 
薬害の被害者に 今後の再発防止を抑止する気持ちはあっても、 
あまりにも無力であることの情けなさ、 
苦しみ悶えて亡くなった被害者の命が軽んじられるように思える。

大臣協議に出席して、言いつくろうだけの形だけの答弁に、誠意の無さに
憤りも通り越して、悲しい。
毎年、同じ言葉を聞き飽きた。 それなら、オウムと話してる方がマシ。

みんな怒ってるんだよ!