台風の影響で ほんの少し暑さが落ち着いた、福岡の中心街
天神でビラ配りをしました。
友人と友人宅のゴールデンの応援もあり、小林君や他の原告さんも来てました。
古賀先生も あの透き通る大声で、薬害肝炎の事を熱心に話してくれました。

まだまだ、これからが、本番だ 頑張ろうという気持ち、・・・
自分だけではなく、たくさんの命を支える事になろうとは、
数年前まで、思いもつかなかった。

だんだんと、弁護士さん達の言ってる意味が、
近頃 解ってきた...
多くの報われない人たちの為にも・・・
勝たなければならない。