肝炎基本法を早く作ってください

昨日福岡で、医療講演会が開催されました。
国会議員の方々、市県会議員の方々、党派を超えて集まってくださいました。
全国で肝炎基本法の制定を求めるキャンペーンの一環として、
皆さん 肝炎からの癌、肝硬変、副作用に悩みながら 
その苦しい体をこの会場に運んで来られました
みんな、一刻も早い、国の政策を望んでいます。

肝癌で苦しんでいる患者は、日々生きる為に莫大な費用を費やしています。
お金が無い為に、何の罪も無い多くの人々が、生きる事を許されない 
そんな世の中が あつていいものでしょうか?

昨日 市民会館に 御参集下さいました議員の方々です

自民の山崎拓、遠藤宣彦、民主の松本龍、古賀一成、公明の木庭健太郎、共産の仁比聡平、社民の渕上貞夫 の各有志の方々です