一昨日、12日に 九州の元原告が集まり、会議と懇親会があった
夕食を皆で一緒にして、楽しく過ごす ひとときを今年も持てた

去年は8月に佐賀で温泉旅館にて集いがあったが、その時は、
私は体調が悪くなり、嘔吐が続いて皆さんに迷惑をかけてしまった。

一ヵ月後、佐賀では元気そうに参加していた沖縄の原告の 急死の一報を聞いて、
一期一会の言葉の重みを感じた

余興で楽しく踊ってくださった男性は布袋さんのように すごくお腹が膨れて、垂れ下がっていた。
太っていたわけではなく、腹水が溜まっている 帰ったら 水抜かなきゃいかんと言っていた

同じ地域の友人は今年もご主人と仲良く参加して 明るく振舞われていた
買い物に行くにも必ず、ご主人は一緒に同行する
癌だらけの肝臓は、時々彼女を疲弊させ、救急車で搬送させる
病身のご主人も自分の体調よりも奥様を大事にされている
傍目で見てても、素晴らしいご夫婦です。
ただ、もう少し 人生を欲しいと願う