水銀入りワクチンの危険性(新型インフル 米ピッツバーグ大)


インフルエンザワクチンに水銀?    知らなかった!

あれ! 自閉症って 水銀からなってしまうの?

知人の双子ちゃんは 二人とも自閉症児です。
****************************************
転記です
ワクチンのバイアルに保存料として混入されている水銀がアブナイ! と米ピッツバーグ大の発表です。 日本製新型インフルワクチンも、妊婦用”だけ”水銀抜きですとつい先日発表されたばかりですので、ヒトゴトではありません。

米ピッツバーグ大発表(Neurotoxicology)。
マカク(サルの一種。以下、サルと表記)を使った動物実験。
B型肝炎ワクチンに含まれる水銀ベースの保存料thimerosalをサルに投与したところ、食塩水を投与した対象群に比べて、脳幹部でコントロールされる反射の発達の遅延が観察された。遅延が確認されたのはRoot http://www.youtube.com/watch?v=NksbJQr5_xw Sucking http://www.youtube.com/watch?v=KIgzqRaYJsg&feature=related snout の各反射。これらの反射は生存に必須なもの。
米国では、1991年より、生後すぐのB型肝炎ワクチン接種が行われたが、これは、米国で自閉症の増加時期と一致する。
この水銀保存剤は2000年に(B型肝炎ワクチンには)使用中止となったが、使用されたものはリコールされず、その後2年間流通した。また、季節性インフルワクチンや新型インフルワクチンも含めた、他のワクチンのmulti-dose(ひとつのバイアルに複数人数分入った製品)には現在も混入されている。
今回、米国では、妊婦と6ヶ月児に対するインフルワクチン接種を勧告しているが、これにより、母乳経由も含め、水銀暴露が増えてしまう。
自閉症の両親たちは、4年前から、ワクチン接種有無と健康状態の比較、水銀保存剤の全ワクチンから使用中止のロビー活動をおこなってきたが、まだ実を結んでいない。

     ↓読売記事コピペ
新型インフル、妊婦向けに防腐剤なしワクチン
 厚生労働省は、新型インフルエンザに感染すると重症化するリスクが高い妊婦のために、胎児への影響が不明な有機水銀系の防腐剤が入っていないワクチンを供給することを決めた。

 国内の妊婦をほぼカバーできる約100万人分の製造を、国内のメーカーが進めている。11月中旬ごろから、普通のワクチンと選択できるようになる見込みだ。

 通常のインフルエンザワクチンは、10ミリ・リットルか1ミリ・リットルの小瓶に入っている。この小瓶から、13歳以上は1回0・5ミリ・リットル、6歳以上13歳未満は0・3ミリ・リットルなどと、年齢に応じて決められた使用量を注射器で吸い出して使う。そのため、雑菌が混入、繁殖しないよう、エチル水銀系の防腐剤などが使われている。

 新しい妊婦用ワクチンは小瓶を使わず、製造段階で使い捨て注射器に1回分(0・5ミリ・リットル)を封入することによって、雑菌の混入を防ぐ仕組み。

 エチル水銀は重大な健康被害はないとされているが、胎児への影響は不明。国内では従来、妊婦へのワクチン接種を極力避けてきた経緯がある。

(2009年9月20日03時05分 読売新聞)